ひとり、一人に、豊かな社会を!
福岡県議会議員 田中久也 肖像
福岡議会議員 (福岡市西区選出)
田中 久也

  • 田中 久也 (たなか ひさや)

  • 趣味 ゴルフ、旅行

  • 福岡市出身 福岡市西区在住


田中久也のポリシー

 一人でも、1カ所でも

日の当たらない所があるとしたら

それは政治全体の灯火が消えたも同然 

 


田中久也の歩み

   
福岡市生まれ。
県立修猷館中学校(旧制)、県立福岡中央高校、明治大学を経て衆議院議員(大臣2回)秘書を務める。
昭和46年 福岡県議会議員初当選。以来9期にわたり連続当選。
昭和48年 私学振興議員連盟を結成し、私学振興に大きく貢献。自民党県連総務会長をはじめ、厚生委員長、予算委員長、決算委員長、議会運営委員会委員長を4期にわたり務める。
昭和60年 第39代福岡県議会議長に就任。
平成3年 地方自治功労により藍綬褒章受章。
平成8年 行財政改革調査特別委員会委員長就任。
平成12年 法務大臣表彰。
平成13年 全国都道府県議会議員会表彰。(自治功労、県議会在職30年 以上)
平成15年 福岡県議会表彰表彰。(県功労)
平成18年 総務大臣感謝状。 全国都道府県議会議長会表彰(自治功労)
 
■ この間、商工水産、総務、土木、厚生の常任委員会委員を歴任し、多分野で活動。
 現在、厚生環境委員会、福岡県精神保健福祉審議会、少子高齢化社会対策調査特別委員会、福岡県環境審議会、福岡県薬事審議会、福岡県生活衛生営業審議委員会の委員を務めています。


 国政ともがっちり

 スクラムを組み、

 地域の声が直接届くような

 県政推進につとめています。

これまでの実績を、さらに大きくふくらませます。
・教育 私学振興に貢献
父兄負担の軽減を実現
玄洋高校、筑前高校を開設
・厚生医療 クローバープラザ総合福祉センターの建設
県内医療施設の建築、改修及び施設充実に貢献(日赤病院等)
看護等研修センターの建設
特別養護老人ホームの建設・老人保健施設の建設
・海外国際活動  日韓親善議員連盟会長として日韓親善に貢献
台湾、中華航空の乗り入れに尽力
福岡県とハワイ州の姉妹締結を実現
福岡県・ハワイ州親善友好議員連盟初代会長を務める
・産業振興 勤労青少年文化センター(ももちパレス)の建設
瑞梅寺ダムの建設
農業改良普及センターの周船寺への誘致、建設
今津海洋技術センターの建設
各漁港の整備、改善に尽力
中小企業振興センターの建設に貢献
圃場整備事業の実現
森林環境税の実現
地震復興事業に尽力
昭和58年より福岡県観光産業振興議員連盟会長
平成15年 福岡県環境衛生議員連盟会長
平成15年 全国都道府県観光産業振興議員連盟会長
・都市開発 海水淡水化事業への着手
都市高速道路の延伸の実現
西区専管警察署の実現


田中久也の「素顔」にせまるキーワード。
その1 「言い出しっぺ」

今でこそ国際都市と肩書きされる福岡も、35年前は何もなかった。そんな中、地下鉄をつくろう、美術館をつくろう、三瀬トンネルをつくろう。なんて、当時は絵空事のような事を言いだしたのも田中だという。言い出しっぺの名にかけ、次々に人を動かし、プロジェクトを動かしてきた。「三瀬トンネルはもうちょっとだけ長ければなぁ(笑)」。その笑顔の向こうに見えるのは次のいい街計画だ。

その2 「人気者」

向かうところ敵なし。といえども喧嘩のことではない。田中久也にはたくさんのファンがいるという。その筆頭にあげられる後援会会員の某氏はこう語る。「政治家として激務をこなす一方で、西区を中心とした地元のボランティア活動に、自身もその一員として熱心に活動いただいております。また青少年の情操教育をめざすグループ活動等にも、積極的に参加していらっしゃってますよ。いやあ、私なんかは学ぶことが多くって、(笑)」街の中で、県庁内で、多くの人々の笑顔とともに彼の姿がある。

[Top Page] [私がおもうこと] [提言 信念] [県政プラン] [後援会だより] [事務所所在地] [リンク集]